戯言放出中


by zerosakiwohajimey
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:映画( 8 )

デスノート 前編

最近映画を見まくっている僕なんですが(1ヶ月で8本)一番最近というか今日観に行ってきたのは劇場版「デスノート 前編」でっす(^@^)
いわずと知れた少年ジャンプで連載されていた漫画が原作の

「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。」

というノートをたまたま拾った天才とそれを捕まえようとする天才のお話です。(ものすごく簡単に言ってしまえばですが・・・)
少年ジャンプの中では一番セリフが多くアクションはほとんど皆無といっていいくらいの心理戦に特化した漫画なんですが奥が深く読んだら必ず何か考えさせられるものがある作品です。
今回の劇場版は原作漫画を基本に+オリジナル要素が加えられておりどうなってるんかなぁ~と思いながら観ましたがまず原作の雰囲気をほぼ完璧に再現(特に月の部屋とL)されていてしかも丁寧な作りになっているのでとても楽しめました。
ちなみに死神リュークはCGなんですがこれもまた丁寧に作り込まれていてかなり見応えがあります(声は中村獅童さん)
気になっていたオリジナル部分も原作のストーリーに融和して調和しており違和感無く物語りに引き込まれました。ミサミサがちょっと癇に障るかも??(自分は大丈夫でしたが)ミサミサの活躍は後編のお楽しみということで楽しみにしておきましょう!!

余談ですが8月には西尾維新さんがデスノートとコラボして書き下ろしを刊行するらしいのでこれも要チェックや(*O*)
[PR]
by zerosakiwohajimey | 2006-06-20 23:32 | 映画

間宮兄弟

現在公開中の映画「間宮兄弟」を観賞してきました。
簡単に紹介すると↓

■見どころ
個性派俳優・佐々木蔵之介と人気お笑いコンビ、ドランクドラゴンの塚地武雅主演で、江國香織の同名小説を映画化。仲良し兄弟と彼らの周囲の人々の日常をハートフルに描く。

■ストーリー
三十路を過ぎても共同生活を送る明信と徹信は、休日も一緒に過ごす仲良し兄弟。ある日、2人は徹信の同僚の女性教師と、ビデオ屋の女性店員を招き、ホームパーティを開く。彼らのもてなしでパーティーは成功するのだが。

f0000026_636228.jpg

正直に言うと原作も読んでないし北川景子ちゃん(19)↑が出演しているので景子ちゃん目当てで行ったんですがなんとも119分が短く感じるほど面白くて全編ニヤニヤしっぱなしでした。この面白さは観ないとなかなかわからないです。なんの変哲も無い日常生活がタノシイものに見違えてくることうけあいです。ゼヒゼヒおすすめの作品です。
[PR]
by zerosakiwohajimey | 2006-05-25 01:31 | 映画

ANGEL-A アンジェラ

本日レイトショーにて観てきましたアンジェラですが。表題のとおり天使のお話です。
簡単に内容を記すと一人のさえない男のもとに絶世の美女(身長180)が現れ叱って褒めて男が自分の内面を愛せるようになるよう成長させるというお話です。
観て元気づけられるというかなんか意欲が湧いてくる作品だと思います。90分と外国映画にしてはショートなので集中して観れる点もいいところですね。
レイトショーだからお客さんは少ないかなと思ったんですがナントお客は私一人でしたm(__*)m
貸切状態でなんとも気持ちのよい鑑賞ができました~(・∀・)♪
[PR]
by zerosakiwohajimey | 2006-05-19 23:35 | 映画

メガネ負け

我等が榮倉奈々ちゃんが映画主演に!!!!!!!!!!!!!!!!!
サンスポより↓


榮倉奈々が松本潤と禁断の愛!?映画「僕は妹に恋をする」

 ファッション誌「セブンティーン」のカリスマモデル、榮倉奈々(17)が映画「僕は妹に恋をする」(今秋公開、安藤尋監督)で初めてヒロイン役を演じることが3日、分かった。双子の兄妹の禁断の愛を描いた人気コミックの実写版で、兄役で主演する嵐の松本潤(22)と近親相姦に挑む。

 同作は漫画家、青木琴美(25)の同名漫画が原作で、平成15年から「少女コミック」(小学館)で2年半にわたり長期連載。近親相姦を扱った際どい内容ながら、兄妹のピュアな恋心が10代女性の共感を呼び、コミックで500万部を突破する大ヒットとなった。

 その購読層と榮倉のファン層が合致したことに加え、安藤監督が「素直な笑顔がヒロイン、郁のイメージにぴったり」とほれ込み、抜擢された。榮倉は昨秋放送のフジテレビ系月9ドラマ「危険なアネキ」に出演して以来、男性ファンが急増中で、劇場には若い女性のみならず、多くの男性も駆けつけそうだ。

 榮倉は一昨年前に「スペースポリス」で映画デビューは飾っているが、ヒロイン役は初挑戦。「現役高校生のうちに高校生のラブストーリーを演じることが目標だったので、こんなにも切なくて素敵な作品でかなえられるとは、驚きと嬉しさでいっぱいです」と大感激し、「原作ファンの期待を裏切らないよう、新しい世界を作っていけたらいいなと思っています」と張り切っている。


秋以降は奈々ちゃん人気爆発か!???とーとー来るのか!?奈々ちゃんの時代が!?!??!?
うらやましいよ~~~~松潤!!!!!!!!!!!!!!!(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)(*´д`*)

でも松潤も好きっっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[PR]
by zerosakiwohajimey | 2006-02-04 18:47 | 映画

ギミーヘブン

f0000026_0363212.jpg


本日観たのは映画「ギミーヘブン」。
共感覚という実際にある現象を題材にして人間の根底にある孤独や人生観などを深く切り取った作品と感じました。

共感覚とは・・・
ひとつの感覚が刺激されるとそれに別の感覚が伴なう現象のことを言う。
においが形や手触りとして捉えられたりする症状で、本来の感覚に他の感覚が伴って生じる。いわば「脳内の配線」が独特な人のことをいい、そのことで日常生活に困ることは全くない。しかし、その現象は他人に説明しても完全に理解されることはなく、共感覚の持ち主は、皆孤独感や現実に対する希薄感を常に抱いているという。作家のナブコフ、宮沢賢治、ランボー、ボードレール、音楽家のフランツ・リスト、スティービー・ワンダー、画家のカンデンスキー、ジョージア・オキーフらも共感覚者だったと言われる。一般的には25,000人に一人存在していると言われるが同じ共感覚者といえど、同じ感性の持ち主に出会うことは奇蹟に等しいとされる。
こんなふうに共感覚じゃなくても人間は最終的なところでは孤独なのかなぁと思わされた今日この頃・・・だからこそ人は他人を求めるのかなぁとか・・・

宮崎あおいちゃんと安藤政信目当てで観たんですがこの共感覚にもスゴク興味が沸いて楽しんで観れました。心理学に興味ある人はぜひぜひ必見です!
[PR]
by zerosakiwohajimey | 2006-01-23 00:57 | 映画
f0000026_017382.jpg

レイトショーにて観賞してきました「輪廻」です。
お客はボクを含めて7人とかなり少なめですが集中して観れました。
日本が誇る究極のレーベル‘Jホラーシアター‘の「感染」、「予言」に続き「呪怨」の清水崇監督製作の本作品ですが清水監督おなじみ(?)の時間と空間の配列順序がバラバラなストーリー展開に翻弄されつつもかなり面白く楽しめました。「呪怨」のような驚かすような怖さは無いですが人間であれば一度は考えるであろう前世、生まれ変わり、宿命、運命などのテーマが監督の伝えたいことらしく今回の「輪廻」で存分に発揮してホラーでありながらスリラーのような(パンフの監督インタビューでは「セブン」、「サイコ」のような)感じになっていて誰が誰の転生(生まれ変わり)なのかハラハラして観れる側面もあります。途中で誰の転生なのか予想はついても最後の展開は予想できませんでした・・・劇中でも転生前の人物と同じ癖やポイントなどを織り込んであると書いてあったので注意深く観ていましたがほとんどわかりませんでした(インタビューでも監督自ら「相当わかりづらい」とあるのでいたしかたないかと・・・)
最後に清水監督の作品が好きな方はもちろんホラー、スリラーに興味がある方は絶対に観たほうがいいです。あとヒロインの優香さんが普段のバラエティなどでは今まで見たことの無い演技、表情を見せているのでタレント、優香ではなく女優、優香が見れる点も見所では!!
f0000026_0341555.jpg

                           ↑誰もいない映画館~~静かで好きっ
[PR]
by zerosakiwohajimey | 2006-01-11 00:40 | 映画
f0000026_1948411.jpg

観てきましたハリーポッター最新作第4弾「ハリーポッターと炎のゴブレット」Fateの影響かマジレンジャーの影響か今魔法物が管理人的のはものすごい熱い!!なか観ました。
正直予告編を観て「あぁ、この映像は絶対観たい・・・」と思っていたので公開3日目にして観たところ、もうホントにとにかく映像がスゴすぎ!これは文章では表現しようがないので(更に直に皆さんの目で見て欲しい)あえて深くは書きませんが、真に映画を観た!!っていう感じにしてくれます。管理人自体も前まではあんまし好き好んで観に行く映画ではないとハリーポッターを軽くみていたのですが(しかも前作アズカバンの囚人は観た記憶が無い)そんな私でも十分感動(上映中は感動で少し涙が・・・)できたのでぜひ2時間37分という長丁場ですが「そんな2時間半なんて長い映画観れないヨ・・・」っていうかたも観て欲しい作品です。(管理人は2時間37分が1時間半位に感じました!)
f0000026_19482638.jpg

ハーマイオニー役のエマ・ワトソンさんは先日やっていた再放送の一作目ではなんともカワイらしい感じでしたが、今作では年齢も15歳になりかなり大人っぽくなっています(さすが向こうの女優さんは成長が早い!!)ので子供っぽい映画ではなく大人が観ても満足できると思います。
パーティーシーンでのドレス姿のハーマイオニーはホントに感動するくらい可愛かったです!!!!!
f0000026_19483933.jpg
←そんなこんなで一目見て買ってしまったヘドウィグくんです(写真はすこし怖いですが・・・手紙を運んでくれるかわいいフクロウさんです)
この冬でなんか映画らしい映画観たいと思ったらゼヒゼヒ!!オススメです!
[PR]
by zerosakiwohajimey | 2005-11-28 19:52 | 映画
 再度大泉学園に出陣してきました。
二回目でやっと90分が45分に感じました・・・
ストーリーの流れやネタバレなどに気を使わない分純粋に楽しめた気がする、いや確実に楽しめた!そして最後の曲もイイっ!!
二回目にしてやっと「仮面ライダー THE FIRST」を真の意味で観れた。

余談→軽い感動のエンディング後でトイレに直行し絶対同じ時間の観客が感想を言いながら用を足すとみた私は一番乗りでトイレへ・・・
そこで用を足していると一人二人と来る観客(大きいお友達100%男)がくるも単独犯が多いためか軽い沈黙、しかしそこに待ってました二人組みがトイレの入り口に侵入したと思った瞬間!




「つまんなかったぁぁぁ~~・・・


この一言を待っていた!!
絶対に言うと思った・・・だって明らかに見てる最中であきてたもん。集中力もないし・・・
やっぱり初日に気合入れてきた客とは質が違いますな・・・
ともあれそんな感想をもつのもまぁ一つの見解かなと・・・人それぞれ感じ方は違うわけですし。
かくいう私も初見では邪な目線で観てしまったがゆえにいまいちな印象を受けてしまったのはやむを得まい。
私は一回目観た後でどうしても気になって気になってムック本を読んで見て買うか買わないか迷いに迷ったあげく1500円のほうを買って(立ち読みで熟読済み)出た結論は・・・



「カッコイイもんはカッコイイ!!」

だったのでした。それだけ言いたいことは・・・
[PR]
by zerosakiwohajimey | 2005-11-16 18:27 | 映画